バストの発育に女性ホルモン

バストの発育には女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが大きく関わっています。特にエストロゲンはバストの張りや形成に大きな役割を果たします。エストロゲンの作用は人種や個人によって作用の程度は様々で形や大きさに大きく影響します。又、アロマトリートメントで気持ち良く成る事で体内ではオキシトシンというホルモンが分泌されます。

オキシトシンは愛情ホルモン、信頼ホルモンとも呼ばれています。このオキシトシンは乳首を吸われると、もの凄く出ると言われています。理由は母親が乳飲み子を放ったらかしにしないためと言われてます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中