アロマトリートメントの特徴と効果

◎アロマトリートメントの特徴と効果

・心身症への有効性

心配事で眠れなかったりストレスでイライラしたりする不安定な心の状態により体に、あらわれる病気を心身症と呼んでいますが最も多い例として不眠症、高血圧、気管支喘息、胃潰瘍などがあげられます。この場合、症状を治療すると同時に根本的な原因である心の状態を癒す事も大切です。神経系を鎮静する生理活性物質セロトニンを分泌させる効果のある香り(ラベンダー等)を嗅ぐ事により心身をリラックスさせる事が出来ます。

・成人病への有効性

鉄の錆びや油の黒ずみ等が酸化による現象ですが、私たちの体の中でも似たような事が起こっています。この酸化こそが老化の原因です。血液が酸化すると動脈硬化などの成人病の一連の症状が起こります。又、脳が酸化すればボケ症状が起こるといった深刻な病状が表れてきます。数百種類もあるアロマには、共通の有効成分として、これらの酸化を防ぐ作用があります。そのため、アロマの香りを生活に取り入れたり、活性酸素を除去する酵素SOD(活性酸素除去酵素)が多く含まれているハーブティなどを毎日飲む効果は、老化防止、成人病予防に有効です。

・生理作用

植物界には、森林の中の1本の木に害虫がつくと、その木がある種の香り物質を出して警告を発し、それを感知した他の木は防御体制をとるといった現象が見られるそうです。このように香りは重要な情報の伝達物質となります。エッセンシャルオイルの香りが鼻から脳下垂体に伝わると自律神経系、内分泌系、免疫系の各システムに生理活性物質が伝達されます。例えば、旅先で枕が変わると眠れないという場合などは、いつもと違う匂いにより自立神経に不調和が起きているケースがあります。このように香りは私たちの生理に対して直接的に働きかけています。

・心理作用

香りは脳の中で記憶を司る海馬という所に伝達されます。この時に周りの光景や状況、感情などが結びつき脳にしっかり記憶されると、再びこの匂いを嗅ぐ事で結びついていた感情等がフィードバックされます。このためイメージからくる心理作用がかなり影響されるので有効成分のみならず自分の好みの香りを選ぶことはとても重要です。

・抗菌作用

植物は、病原微生物から身を守るため自ら抗菌物質を出す能力を持っています。エッセンシャルオイルの持つ強力な抗菌力は、空気中に漂う香りの分子によりブドウ球菌、サルモネラ菌といった細菌からカンジタ等の真菌まで発育を阻止する事が出来ます。又、インフルエンザウイルスなどのウイルスに対しても抗ウイルス作用があると言われています。

◎バストアップには、欠かせない大切なキーワードが2つあります。それは、女性ホルモンと大胸筋です。
女性ホルモンは、女性らしい体形をつくるのに欠かせないホルモンです。女性ホルモンは思春期に分泌が盛んに成り、バストにふくらみが出てきます。しかし、女性ホルモンは年齢と共に減少します。又、ストレスや不規則な生活が原因で分泌が減少してしまいます。これによりバストアップが妨げられたり、生理痛や肩こりの原因となる事があります。

バストエクササイズやアロマトリートメント、マッサージは女性ホルモンの分泌を促進してくれるため、こういったマイナス事項を防ぎ、バストアップやバストライン維持に繋がります。大胸筋はバストの土台となる筋肉です。大胸筋がないとバストは下がったり広がったりしてしまい、綺麗なバストをつくる事が出来ません。又、形が崩れる事でバストの大きさも小さくなってしまいます。しかし、バストエクササイズやマッサージ、アロマトリートメントで大胸筋を鍛えればバストに張りが出たり、その形を保ったりする事が出来るためバストアップやバスト維持に繋がります。 

・大豆を食べる
良質のたんぱく質をしっかり摂る事が大切です。肉類や魚類、卵、乳製品、豆腐、納豆など。大豆にはイソフラボンが含まれているので女性ホルモンに似た働きが期待出来ます。大豆には豊胸効果のあるイソフラボンが多く含まれているため、お惣菜に入っているぐらいの量でも効果があります。豆乳を飲むのも良いでしょう。

・キャベツを食べる
加熱したり漬物などに加工すると有効成分が消えてしまうため生キャベツのみですが、1日1玉食べれば効果があります。その他にも、ビタミンAを含む食品を摂取する事で細胞の再生や成長を促進し新陳代謝を活発にする等、とにかく生キャベツは摂れるだけ摂った方が良いです。

・男性に胸を揉まれる
男性に胸を揉まれると大きくなります。ただ、性的な刺激を受けないと成らないので、普通に揉むだけでは成りません。又、自分で揉んだ場合でも性的な刺激があれば大きくなります。

・猫背は治す
猫背は胸を持ち上げている大胸筋を衰えさせるだけでなく胸の形成に必要な脂肪をつきにくくします。実際の胸のサイズよりも見た目が小さく見えるのも損をしています。姿勢を正しくするだけでも胸の位置は上向きます。

・睡眠
胸を大きくするのに欠かせない乳腺の発達には1日の中で最もホルモンの分泌量が盛んな夜の10時から明け方4時の間に睡眠をとる事です。その時間帯に乳腺が刺激を受ければ胸が大きく成るのは間違いないです。特に分泌量がMAXの夜10時から午前2時までは絶好のチャンスなので、是非、その間のうちに就寝する事をお薦めします。

・胸を大きくするツボを刺激する
以下の4つのツボを中心に効果てきなツボを刺激します。
・だん中(だんちゅう)
・天溪(てんけい)
・渕腋(えんえき)
・乳根(にゅうこん)

バストアップの方法のひとつに、ツボを刺激する方法があります。バストアップに必要な女性ホルモンの分泌を活発化させるツボを指圧してホルモンバランスを正常にして胸を大きくする方法です。ツボを押すとリラックスしてストレス解消にも効果が有り、ふっくら美しく成ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中