女性向けアロママッサージの効能

アロマトリートメント、オイルマッサージの効能について

・血行を促進する効果が有り、滞っている血液の流れを良くします。

アロママッサージの効果として、まず挙げられるのは、血行を促進する効果が有ります。これは、ご存知ですね。血管には、動脈と静脈が有り、体の表面に近い部分には静脈が通っています。静脈に沿って血液の流れる向きに体の表面をさすると、滞っている血液の流れが良くなり、心臓への血液の流れを正常に戻す事ができます。

・リンパの流れを改善する効果が有ります。老廃物や疲労物質の運搬をします。

リンパには血液と違い、心臓のようなポンプの役割をするものがありません。実は筋肉の動きによってリンパ管が刺激され、リンパ液が流れるという仕組みになっています。そのため、アロママッサージで筋肉を揉みほぐす事がリンパを流す事に繋がります。リンパは、細胞から老廃物や疲労物質を受け取り外へ排出するために運ぶための器官です。マッサージを受けると、むくみが解消されるのは、滞っていたリンパの流れが改善され、老廃物が外に排出されやすくなる事が関係しています。

・肉体的な疲労を回復する効果

アロママッサージは、ツボを刺激したり筋肉を揉みほぐしたりする行為です。そのため、肉体的な疲れには、直接的な効果があります。マッサージを行うと、乳酸が溜まってコリができていた部分が柔らかくほぐされます。筋肉の中に溜まっていた老廃物も、マッサージによって外に排出されやすくなるため、疲れが溜まる前の状態に戻りやすくなります。

・精神的なストレスを解消する効果やリラックス&ストレス解消

仕事や日々の生活の中で精神的なストレスが溜まっている人にもアロママッサージは効果的です。精神的なストレスがかかると、副腎皮質ホルモンのコルチゾールの分泌が増えます。コルチゾールは、ストレスの度合いを測る際に利用されるホルモンですが、マッサージを受けるとそのコルチゾールの値が下がる事が分かっています。

・自律神経のバランスを整えます。自律神経失調症、不眠症の緩和にも

アロママッサージをすると、自律神経のバランスが整います。ストレスが強くかかると交感神経が優位な状態が続くことになりますが、マッサージを受けると、筋肉の緊張がほぐれ、血流も正常化するため自律神経が副交感神経の方に傾きます。そのため、睡眠と同様に体や脳をリラックスさせる効果が得られます。又、自律神経失調症、不眠症、夏バテなどの症状の緩和や改善にも効果的です。

・免疫力を高める効果が有り、細菌やウイルスに強い体になります。

アロママッサージには、免疫力を高める効果も期待できます。自律神経のバランスが整う事と関係しています。自律神経のバランスが整うと細胞ひとつひとつの働きも正常化するため、免疫細胞や抗酸化物質を作る細胞もきちんと働くようになります。アロママッサージは、血流やリンパの流れを正常化する効果も期待できるため、体の防御作用が本来の状態に戻りやすく成り、免疫力も上がります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中